top of page

STAY HOME

昼間、妻からLineで学校閉鎖のpdfデータが届く。


小学校2年の娘の子のクラスがインフル蔓延のため、

明日から3日間お休みの知らせだった。

その知らせに嫌な汗をかく自分と、もう一方で

開き直って「仕事休んで遊びに行くか」というような自分もいた。

余裕ぶる自分を自己分析すると、コロナ禍に

このような知らせに対しての”ある”筋肉が鍛えられているようだった。

まーそうは言っても仕事も忙しいし、

色々考えると、困惑している。。。という方が正直な反応だった。

娘が帰宅すると、全く喜んでいる様子もない。

その上、学級閉鎖のことも知らないようだった。

「なんだ、先生は生徒に伝えてくれないのか?」と

若干苛立ちを覚えたぐらいだった。

夕飯時、娘の反応とその通知を知らない話を妻にしたら

妻が再度僕と同じ質問を娘に問う。

妻「あれ、2年3組って明日インフルで学級閉鎖でしょう?」

娘「わたし2年2組だよ」

明日から東京は夏日らしい。

僕は昼前からちょっと街に出かけることにしよう。



※本文とイラストは特に関係ありません。





最新記事

マメ

Comentários


bottom of page